SSブログ

2009年のベストオブBDは「ポニョ」 ー 第2回 DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞が決定 [ファミリー]

2009年に発売されたソフトの中からBDの特長を最も活かした映像作品を表彰する「第2回 DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の受賞作品が発表となり、ウォルト・ディズニーの「崖の上のポニョ」がグランプリを受賞した。そのほかの受賞結果は下記のとおり。

■グランプリ
崖の上のポニョ(ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社)

■ベスト高画質賞・映画部門
・ブレイブハート(20世紀フォックスホームエンターテイメント ジャパン株式会社)

■ベスト高画質賞・ビデオ部門(2作品)
・映像誌 里山 劇場版 (株式会社NHKエンタープライズ)
・Healing Island OKINAWA ~竹富島・西表島~(ビコム株式会社)

■ベスト高画質賞・アニメ部門
・モンスターズ・インク (ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社)

■ベスト高音質賞・音楽部門
・NHKクラシカル ハイティング指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 ペライア(株式会社NHKエンタープライズ)

■ベスト高音質賞・映像部門
・WALL・E/ウォーリー(ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社)

■ベスト・インタラクティビティ賞(高機能)
・劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者 (株式会社ビーイング)

■ベスト・レストア賞(※旧作品の画質・音質を修復)
・トラ・トラ・トラ<製作40周年記念完全版> (20世紀フォックスホームエンターテイメント ジャパン株式会社)

■審査員特別賞(2作品)
・七人の侍(東宝株式会社)
・剣岳 点の紀(株式会社フジテレビジョン

■ユーザー特別賞
・化物語(株式会社アニプレックス)


「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の発表および受賞式が、18日、都内・ソニービルで開催された。主催はデジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン(DEGジャパン)。

第2回となる今回は、エントリーのあった作品の中から著名AV評論家や雑誌の編集長、DEGジャパン参加の機器メーカー会員らによる審査員投票および一般ユーザー投票で決定した23作品がノミネート。各部門受賞作品の中から最もBDの特長を引き出している作品1点をグランプリとして選出、表彰する。また今回より一般ユーザーからのフリーエントリー投票で最も多くの投票数を獲得した作品を表彰する「ユーザー特別賞」が新設されている。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます